病院で行うAGAの治療

育毛の仕組みが解明されて来ましたので、AGAの治療も病院で行えるようになりました

AGAとは?

AGA(Androgenetic Alopecia)とは、男性型脱毛症のことです。男性ホルモンの影響によって、AGAになると考えれていて、30から40歳代の年齢の成人男性に良く見られる脱毛症です。額の生え際から抜け毛や薄毛が目立つようになるパターンと、頭頂部の抜け毛などが目立つパターンなどがあります。その他にも、いきなり髪が円形などの形に髪が抜けてしまう円形脱毛症や、年齢と共にゆっくりと髪の量が減って行ってしまう壮年性脱毛症がありますが、AGAとは区別されています。
以前はAGAの治療方法としては、市販の育毛剤などを使うしか方法はありませんでしたが、最近はAGAに関する医学的な研究も進んで来ましたので、病院でも効果的な治療が行われるようになって来ました。ただし、全ての病院でAGAの治療が出来る訳ではありませんので、事前に治療が可能かどうかを、確かめてから通院しなくてはなりません。また、病院で行われる治療についても、現在の状態を維持するだけのものから、頭髪の密度を増量させるものまで、色々な治療が行われています。そのため、治療を受ける前に、どのような治療が可能なのかを聞いて、希望する治療と同じであることを確かめることが大切です。

注目コンテンツ

banner AGAの原因

詳細はコチラ

banner 治療方法について

詳細はコチラ

banner 病院での治療

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 病院で行うAGAの治療. All Rights Reserved.