AGAの原因

人の健康な頭髪は、2〜6年かけて成長を続けた後で、4ヶ月程度の間に長が止まって脱毛するサイクルを繰り返すことになります。ですが、AGAの場合は、頭髪の成長するサイクル自体は同じものなのですが、頭髪の成長する期間が数ヶ月〜1年程度と短くなっているのが特徴になっています。そのため、長くて太い髪に成長する前に、短くてやわらかい状態のままの髪が抜け落ちてしまいますので、頭髪が全体的に少なく見えてしまうのです。
このような頭髪が十分に成長出来ないAGAになる原因としては、男性ホルモンのテストステロンが、ジヒドロテストステロンに変わってしまい頭髪の成長を阻害してしまうためであると考えられています。
しかし、AGAの詳細な原因が解明されてしまえば、医学的な治療も行うことが可能になりますので、病院でもAGAの対処をすることが出来るようになったのです。抜け落ちる頭髪の中で、短くてやわらかい髪が目立つようになったら、AGAになっているのかも知れません。そのような時には、早めに治療をした方が健康な頭髪になるのも早いので、AGAの治療の可能な病院などに相談に行った方が良いでしょう。もう、AGAは治すことが出来ない病気ではなくなったのです。

注目コンテンツ

banner AGAの原因

詳細はコチラ

banner 治療方法について

詳細はコチラ

banner 病院での治療

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 病院で行うAGAの治療. All Rights Reserved.