治療薬について

薄毛の治療を行うための薬と聞くと、テレビなどで良く宣伝されている頭に振掛けるような育毛剤を思い浮かべる方も多いと思いますが、病院でAGAの治療のために使用される薬は飲み薬などが使われます。一般の病院などでは、プロペシアという男性型脱毛症の進行を遅らせるための薬が良く用いられます。このプロペシアは、頭髪を増やすような効果はありませんが、抜け落ちる髪の毛の量を少なくして、現状の頭髪の状態を維持するのに役に立つものです。まだ頭髪が十分にあって、これ以上大量に髪の毛が抜けないのであれば十分と思える人には有効ですが、頭髪が抜け落ちている人が頭髪の量を増やしたいと考えている時には、不満を感じてしまうかも知れません。
そのため、単に現状を維持するための治療ではなく、頭髪の量を増やししたと考えているのでしたら、そのような治療が可能な病院を探さなくてはなりません。一般には、頭髪を増やすような治療を受けるには、AGAを専門に治療している病院などを利用する必要があります。最近は、頭髪の成長する仕組みやAGAについての研究が進み医学的な治療方法も確立して来ましたので、AGAの治療を専門とする病院などが増えて来ています。

注目コンテンツ

banner AGAの原因

詳細はコチラ

banner 治療方法について

詳細はコチラ

banner 病院での治療

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 病院で行うAGAの治療. All Rights Reserved.